厚生労働省

複数の仕事を行う労働者の健康管理支援サイト

あなたは、あなたの従業員は、働きすぎていませんか? 無料、予約不要、秘密厳守

副業・兼業に関するご相談窓口です

労働者から

「副業・兼業したいけど、働きすぎにならないかな?

「副業・兼業を始めるときには、どんなことに気をつけたらいいの?

事業者から

「副業・兼業している労働者の健康状態は?

「労働者から副業・兼業をしたいと言われたら、どうすればいいの?

労働者・事業者から

「労働時間管理や健康管理の注意点は?

副業・兼業など複数の仕事を行ったことで長時間労働になってしまった経験はありませんか?
副業・兼業によって得られるはずの「副収入」や、自己管理により捻出される「自由な時間」など、労働者のキャリア形成において大きな財産となるはずが、過重労働による健康トラブル、健康障害などにより思いがけない負債となってしまっては、スキルアップや豊富な経験を得ることを望んではじめたはずの副業・兼業が、あなたの自己実現に向けての大きな負担となってしまいかねません。
また、事業者の方も、労働者の方が副業・兼業を希望してきた場合、どのように対応したら良いかお困りになる場合もあるでしょう。 厚生労働省により公開された「副業・兼業の促進に関するガイドライン」には、「副業・兼業による過労によって健康を害したり、業務に支障を来たしたりすることがないよう、労働者が自ら本業および副業・兼業の業務量や進捗管理、それらに費やす時間や健康状態を管理する必要がある」とあります。
このガイドラインの内容を踏まえ、副業・兼業など複数の仕事により長時間労働となってしまった労働者の方などへの健康上の不安の相談、そのような長時間労働にならないよう労働契約の見直しなど、専門家による適切な助言を実施いたします。

電話でのご相談窓口

フリーダイヤル 0120-529-504

  • 月曜日・水曜日・土曜日の 12:00~16:00
  • 祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)を除く。
  • 携帯電話・スマートフォンからも通話できます。

ご利用にあたって

メールフォームでのご相談

下記ボタンよりメール相談の注意事項を参照の上、
メール相談フォームからご相談ください。

ページTOPへ戻る